親子で英語のリズムを楽しもう♬

私が米粉にシフトチェンジした理由は…

自然免疫を高めよう♡

 

皆様こんにちは♡
おやこ英語講師&米粉パン講師
Maiです。

突然ですが…

私、めんどくさいのが嫌いなんです!笑

なのでそんな私にとっては「パン作り」ってなかなかハードルが高かった!

そして出会ったのが(当時の)おうちパン。

材料を混ぜたら冷蔵庫に入れるだけ〜!

夜入れておけば朝には成形して焼くだけ!

なんて簡単なのぉ♡♡♡

とドハマりし、この手軽さを皆さまにも広めたい!と思い、英語講師の傍ら、時々パンレッスンも開催しておりました。

本当に簡単なので、小さなお子さまでも一緒に参加でき大好評でした♡

が…

調子に乗ってずっとずっと焼いていたら、息子が「乾燥性皮膚炎」に。

いや、別にアレルギー反応が出たわけではないですし、小麦だけが原因じゃないと思います。

息子、牛乳も大好きですし…

でもね、小さい頃からパンが大好きで、手軽さゆえたくさんたくさんパンを食べさせてきた私。

子どもの身体を作るのは母親ですものね…

そして、小麦ってパンだけでなく色々なものに含まれていますよね。

小麦粉には「グルテン」と呼ばれる粘り気のあるタンパク質が含まれています。
その「グルテン」は分解されにくい特徴があるので、腸の中にとどまってしまいます。
特に昔からお米を中心とした食生活を送ってきた日本人の体質には合っていないんです。

腸の中にとどまった「グルテン」は粘膜に入り込んでしまい、栄養として吸収される訳でもなく、便として排出される訳でもなく、やがて腸が炎症を起こし体調不良や肥満の原因となるといわれています。

腸の調子がよろしくないと自然免疫力も低下してしまいます。

自然免疫力が低下すると、ちょっとしたウィルスとも闘えない。

普通の風邪でもなかなか治らない…なんてことになってしまいます。

また、小麦粉に含まれる成分に中毒性があり、ついつい小麦粉を含む製品を食べたくなってしまう…なんてことも。

これでは悪循環ですよね…

 

だけど…おうどんも食べたいしパスタも好き♡
もちろんラーメンも♡
給食にだって小麦を使ったお料理はたくさん出ます。

なので完全な小麦除去!ではなく、できるところから少しずつ替えていこうと思ったのです。

我が家が米粉に替えたもの

強力粉→まずはパン作りから見直しを
薄力粉→すべて米粉で代用できています
パン粉→お米からできているパン粉(?)を使用しています
そうめん→お米から作られているものがありますよ
うどん→米粉で簡単に作れます。詳しくはこちら
ショートパスタ→とうもろこし粉と米粉のものを使用しています

調べてみると、今は小麦粉の代わりに米粉や大豆、トウモロコシ粉などを使用した様々な食材が販売されています♪

と同時に調味料も見直しました。

知識は薄いですが、表のパッケージに騙されず、大企業だから安心!という思い込みを排除し、まずは裏!
裏の原材料をしっかり見て選ぶようになりました。

やっぱりシンプルが一番です。

訳の分からないカタカナのものってもともと家にはないですよね?
家にない原材料ってなんなのさ?って感じじゃないですか?
(たとえば〇〇エキスって家に調味料として置いてます?ないですよね?)

お肉やお魚にまで毎食こだわるととっても高くつきますが、
調味料ならそんなに使うものじゃないし、見直す入り口としてはいいんじゃないでしょうか?

何よりご家族の健康のため♡ご自身の健康のため♡ですから。

と、話が長くなりましたが、そんなこんなでパン作りは米粉を使ったものが多くなってきた我が家。
(それでもやっぱり小麦のパンもおいしいから時々作っちゃいますけど♡)

作ってみて感じたのが、米粉パンって意外とレパートリーがある!ってこと。
しかも簡単♡(←ここ大切w)

なので、これまた皆さまに広めたくなった訳です♪(写真はほんの一部です)

とはいえ、時にはジャンクも食べるしスナック菓子も食べています(笑)

そんなゆる~っとした私ですが、添加物やグルテン摂取、100より80、80より50、50より30の方がいいですよね?

な・の・で…
米粉パン作りのハードル、私が下げます!
めんどくさがり屋の私が作っているのですから大丈夫!!(笑)

・米粉パンに興味のある方
・米粉パンを焼いてみたい方
・小麦摂取を控えていらっしゃる方
・小麦アレルギーの方
・パン教室に米粉パンを取り入れていきたい方

是非お気軽にお問い合わせくださいね!

米粉パン教室 Bear’s Natural KitchenとしてInstagramのアカウントも作成しました!
是非フォローお願いします:)
Instagram

今秋の開講まで今しばらくお待ちくださいませ~♡

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました